keyboard_arrow_up

新着情報

2018-02-17

五十肩・・夜間痛

こんにちは!

暖かくなってきましたね♪

五十肩、四十肩の症状の1つに「夜間痛」があります

夜中に痛くて目が覚める

朝方痛くて起きてしまう

寝返りをうつと激痛がはしっておきてしまう

などなど様々ですが、多くの方がこの症状で悩まれています

睡眠不足になりがちなので免疫力も低下気味で風邪などもひきやすい状態になってしましますね

当院の五十肩、四十肩の患者さんでも夜間痛に悩まされている患者さんが非常に多いです

正直なところこの夜間痛に関しては去年の冬頃までは私は得意の治療ではなかったんです

日中の痛み、可動域は改善してんねんけど、夜が痛くて眠れない患者さんが通院してくれていて

中々、症状が改善されませんでした

申し訳なくて、申し訳なくて・・・

色々、勉強したんですが自分では限界を感じました

そこで近所に漢方薬局があるので漢方の先生に相談にいったんです

そしたら親切、丁寧に教えていただけたんですよ♪

夜間痛は「冷え」が原因だから、こんなお灸をすればいいよと

お灸の種類と、ツボとその他もろもろを勉強させて頂きました。

今までは鍼を主にやっていたのをお灸を主に切り替え

2~3回目ぐらいの来院の時でしたか

少し楽になった・・

その後続けていくと

昨日は寝れた

されに続けていくと

寝返りうてた

されに続けていくと

痛ないわぁ~

お灸を主に変えてから10回目でしたね

完全に痛みがとれたのは

やはり自分での勉強だけでは限界があり、勉強して勉強してわからない事は聞くことが

一番かなと思いました

これからは暖かくなってきて冷えの症状を訴える患者さんはへってきますが

鍼灸師の立場から言わせて頂くと、季節関係なく冷えの治療はしてい方が良いです

冬にだけお灸や鍼をしても効果が遅いです

やはり根本的に冷えを治してい行こうと思えば、常に身体を温め基礎体温を高めていく事が大切です

少しの事を続けていくだけで体は変化します。

体温が一度上がれば病気にもなりにくいし、癌にもなりにくいと言われています

のでまずは基礎体温を上げていきましょう

話がそれましたが、五十肩の夜間痛にはお灸治療が良く効きます

夜間痛のきつい患者さんは薬局などで売っているせんねん灸では熱さを感じないです

お灸は熱いものなので熱いさを感じないということはやはり異常があるということです

冷えが強いという事です

そんな症状の方はなかなかセルフケアではよくならないので

早めにご相談してくださいね。