keyboard_arrow_up

新着情報

2018-02-20

筋肉量!

歳を重ねると健康でも筋肉量が低下してきます。

とっさに足が前に出ず、つまづいたり転倒しその際に骨折しやすくなったりします

また筋肉量の低下生活習慣病などの疾患リスクを増加させることからも、筋肉はスポーツ選手だけでなくすべての人に重要になります

筋肉量を減らさない為に一番重要な事は運動ですが、ウォーキングだけでは筋肉量は低下していきます筋肉トレーニング(重いダンベルなどを使う)、だけでなく少ない負荷での継続したトレーニングが非常に有効です。

皆様、初めはがんばってやってくれるのですが、何らかのきっかけでトレーニングが遠のき結局やめてしまう方が非常に多く感じます。

トレーニングは少ない回数、軽い負荷で構わないのでできるだけ毎日行いましょう。

アスリートではないのでそんなにムキムキになる必要もありません

自分のできる範囲の事を確実に毎日行っていきましょう

毎日に行うと必ず効果が出てきます

ただ筋トレはすぐには効果は出てきません

半年、一年と時間がかかるものですのであきらめずに、あきずに、ほんまに効果あるんとか思わずに自分を信じて続けていきましょう。

運動以外に大切なことが食事です

たんぱく質をしっかりとる事が大切です。

成人に必要なたんぱく質の量は一回の食事で、体重1キロあたり0.4グラムとされています

体重60キロなら24グラム。

「朝、昼がたりなかったので夜にまためてとる」というやり方は効果がありません

均等に必要量を取りましょう

筋肉はたんぱく質がないと大きくならず、運動していても効果はあがりません

【たんぱく質 摂取のためのおススメ朝食】(パンの場合)

チーズやハムをたべていても一回の食事として足りない場合があります

そこに、ゆで卵、牛乳を加えることで体重に1キロあたり0.4グラム以上になります

たんぱく質を取っているつもりでも取れていない人が多いのではないでしょうか??

健康を守っていくのはまずは食です。

食べれないとやはり、筋肉量も落ち、骨粗鬆症にもなりやすいです

そうなってしまうと外出の機会が減って、認知症やうつ病にもなりやすいと言われます

しっかりとたべて元気に過ごしましょう♪