keyboard_arrow_up

新着情報

2018-04-06

五十肩の時は安静がいいですか?

五十肩の患者さんを沢山診させて頂いております

患者さんはなにをしたら良いのか、悪いのかという判断にとても迷われています

早く治したいという気持ちが強い患者さんは自宅ではどんな事をすれば良いのか、何をしたらあかんのかを質問してくださいます、ありがたいですそのような質問はどんどんしてきてくださいね♪

おはようございます

八尾市安中町のくくる鍼灸院です

五十肩の治療をしていると患者さんから動かしていい?あかん?

などの質問を受ける事が多いです

患者さんの症状によりますが

くくる鍼灸院では痛みの出ない範囲で動かしていくようにお願いしています

痛みがとれても可動域の回復がないと治ったとは言えないですからね

筋肉は使わないとドンドン退化していき、硬くなっていきます

一度そうなってしまうと、元に戻すのに大変です

めちぇくちぁ頑張ってもとに戻る程度なのでやる気もなくなりやすいです

そうなる前にご自身である程度動かしていると、痛みがとれた時の可動範囲が全然違ってきます

どんな事をすればいいのって話になりますよね

肩甲骨、肩甲骨を意識して動かしておいてください

急に腕を上げたりするのは強い痛みが走る事が多いので、まずは肩甲骨を何度も言います

肩甲骨を動かしておいてください

肩甲骨の柔軟性が出てくると治療もやりやすいし、早く治ります

肩甲骨のストレッチなどわからない事がありましたら、いつでもご相談してくださいね

八尾市安中町3-5-1坂本ビル101

くくる鍼灸院

渡邊辰也