keyboard_arrow_up

新着情報

2018-12-21

仮説→施術→結果!

痛みを改善させる施術とは

仮説→施術→結果の繰り返しと思っています。

くくるではエコーなど患部を画像で診れる機械を置いていません

最近ではエコーの機械を設置している整骨院さんも多くなってきたみたいですが

病院ほどしっかりと画像診断を出来る先生はまだ少ないような気がします

ちなみに私はできません。

ってことで大切なのは

患者さんが訴える症状と発生機序やその経過

を情報として引き出していかなければなりません

それと徒手検査でしか鑑別ができないですからね

そこで大切な事は

当り前ですが信頼関係

これがないと患者さんから情報を引き出すことができず

間違った施術を行っていく可能性が高いです

まずは患者さんの話をしっかり聴き

仮説をたて治療を行い結果を出していく

これの繰り返しなんだと最近は強く強く思うわけです

自身のコミにケーション能力をもっと磨き

患者さんに還元していければ思う日々が続いております